新松戸の歯医者さん 比留間歯科医院

新松戸の歯医者さん。比留間歯科医院

インプラント・ホワイトニング・歯周病治療



歯医者さんの用語解説

よく聞く『歯周ポケット』とは?

SEPTEMBER 15,2017
よく聞く『歯周ポケット』とは?

歯の周りには歯肉溝という溝があります。 この溝は健康な状態の時でも2~3mmあります。これが歯周ポケットです。健康な時は歯にぴったりくっついていて細菌の侵入を防いでいますが、歯茎に細菌が増えてくると歯茎が腫れて顎の骨は無くなっていき、深いポケットができます。
1~2mmまでの歯周ポケットは歯ブラシやデンタルフロス等で清掃できますが、それ以上の深さになると自分では汚れを掻き出すことができず、細菌のすみかになってしまいます。そうするとますます痛みをあまり感じることなく歯周ポケットは深くなり、細菌のたまり場になってしまうのです。 しかし、歯周ポケットは自分で測ることはできません。歯科でプローブという器具で測ってもらうしかないのです。

痛みや目に見える虫歯がなくても、健康な歯と歯茎のために、定期検診を受けるようにして下さいね。





おすすめの記事

歯医者さんの用語解説

検診でよく聞く「C1」「C2」とは?

 学校や歯科での検診の際に、「C1、C2……」と医師が言っているのを聞いたことがありませんか? これは「Caries(カリエス)=虫歯」の“進行度合い”を示しています。 Cの後ろにつく数字は0から4...

SEPTEMBER 15,2017
歯医者さんの用語解説

マウスガード・ナイトガード・マウスピース・シーネ

 マウスガード・ナイトガード・マウスピース・シーネ・スプリントという言葉をご存知でしょうか? 言葉の感じから“何かを守るもの”であることはお察しいただけると思います。 明確に定義づけがされておらず...

SEPTEMBER 15,2017
歯医者さんの用語解説

よく聞く『歯周ポケット』とは?

歯の周りには歯肉溝という溝があります。 この溝は健康な状態の時でも2~3mmあります。これが歯周ポケットです。健康な時は歯にぴったりくっついていて細菌の侵入を防いでいますが、歯茎に細菌が増えてくると歯...

SEPTEMBER 15,2017
歯医者さんの用語解説

仮歯・仮詰

 虫歯の治療などで歯を削った時などに、最終的な被せものが入るまでつけておく仮の歯の事を仮歯と言います。これは治療の度につけはずしをするため、しっかりと固定するような強力な接着剤は使用しません。そのため...

SEPTEMBER 15,2017
歯医者さんの用語解説

コア―神経を取った後の土台

 虫歯が進行するなどして神経を取った場合、その歯の削り具合によって修復方法が異なります。穴が小さい場合は詰め物で済みますが、削った部分が大きく、詰め物ではなく“クラウン”という被せ物で修復する際、歯を...

MARCH 14,2017
歯医者さんの用語解説

ブリッジ治療とは?

 ブリッジとは、抜歯した後、前後の歯を削って橋のようにつなげる方法です。 抜歯をするとそこには歯の隙間ができます。そのままにしてしまうと周りの歯が動いて噛み合わせが悪くなったり、抜歯した部分では噛み...

MARCH 14,2017
歯医者さんの用語解説

初期虫歯

 虫歯の治療というと、大体の方が“削るもの”だとお思いではないでしょうか? しかし、できたばかりの小さな虫歯は削らずに治すことができるのです。 歯の表面が白くなってきたところは「脱灰」、溝が黒...

MARCH 14,2017
歯医者さんの用語解説

二次カリエス

 虫歯を治療して被せた銀歯の下が痛む、という経験はありませんか? 知覚過敏が原因の場合もありますが、治療してから時間の経っている銀歯の場合、『二次カリエス』かもしれません。 二次カリエスとは、虫...

NOVEMBER 17,2016
歯医者さんの用語解説

歯間ブラシ・デンタルフロスとは

 毎日する歯磨きですが、歯ブラシでブラッシングしただけでは十分に磨けないことがあります。そこで登場するのが歯間ブラシとデンタルフロス。歯ブラシでは届かない、歯の側面についたプラークや、歯と歯の間に入り...

OCTOBER 31,2016
歯医者さんの用語解説

風かけます。

こんにちは。 今日は診療台に付いている風や水の出る道具について書きたいと思います。 写真に写っている道具は『3WAYシリンジ』と言います。 水が出るボタンと風の出るボタンが付いていて...

OCTOBER 11,2016