新松戸の歯医者さん 比留間歯科医院

新松戸の歯医者さん。比留間歯科医院

インプラント・ホワイトニング・歯周病治療



Q&A

日ごろ皆様が、疑問や不安に感じられる歯についてワンポイントアドバイスをQ&Aとしてご説明いたします。

  • Q.虫歯についての質問

    かぶせ物がとれてしまいましたが痛みはありません。そのままでも大丈夫ですか?

    A.大丈夫じゃないくま!

     早く治してほしいくま。なぜかというと、歯と歯の間があいていたり噛みあっていないと、歯が動いて歯並びや噛み合わせが悪くなってしまうくま。
    そうすると虫歯や歯周病や顎関節症になりやすくなってしまうくまよ。

  • Q.虫歯についての質問

    妊娠すると歯は弱くなるんですか?

    A.そんなことはないくま。

    でも、つわりで歯磨きができなかったり、食べ物が偏ったりして虫歯になりやすい口腔環境になりがちくま。

  • Q.虫歯についての質問

    妊娠中は治療することできますか?

    A.大丈夫くま!

    治療できるくまよ。でも、できれば初期は避けて、安定期に入ってからが良いくま。

  • Q.虫歯についての質問

    根っこの治療ってなんですぐに終わらないの?

    A.直接見て確認できないから、慎重にやらなければいけないくま。

    根っこの治療の手順を説明するくま。
    根っこの治療では、虫歯菌に感染した神経を取り除くくま。この時に、根っこの中を消毒しながら、菌の繁殖するスペースをしっかり埋めなければならないくま。根っこの形は細く深く、形も様々くま。直接見ることもできないから、指先の感覚や薬液に頼ることになるくま。
    奥歯になると、一つの歯に3~4つの神経の入っているところがあるから、前歯よりもさらに時間がかかってしまうくま。大事な治療だから、慎重にやるくまよ。

  • Q.検診, 虫歯についての質問

    フッ素塗布ってどれくらいの頻度で来院すればいいですか?

    A.比留間歯科では4か月おきをお薦めしているくま。

    フッ素は歯の中のカルシウムとくっついてフッ化カルシウムになるから、酸に強くなって虫歯になりにくくなるくま。

  • Q.虫歯についての質問

    歯の神経とると歯はどうなるの?

    A.虫歯になってもしみたり痛んだりしないくま。

    そうすると虫歯に気づかなかったり、歯が脆くなってしまい割れてしまったりするくま。その結果歯の平均寿命が短くなる傾向があるくま。

  • Q.虫歯についての質問

    どうして歯の神経とったのに痛いことがあるの?

    A.それは歯が痛いのではないくま。

    歯の根っこと骨をつないでいる繊維(歯根膜.歯周靱帯)が炎症を起こしているからくま。これは根っこの中の虫歯菌の感染が原因の場合と、歯周病が原因の場合と、咬合力が原因の場合などがあるくま。

  • Q.虫歯についての質問

    歯の神経の治療って何?

    A.歯ぐき、あごの骨の中に歯の根っこが埋まってるくま。

    その中に歯の神経があって、根っこの先までの虫歯菌に感染した神経を取り除き、歯の中をきれいにする治療くま。
    これが不十分だと骨の中で膿んでしまって、歯ぐきや顔が腫れてしまうくま。

  • Q.虫歯についての質問

    虫歯を治療すると見えるところも銀歯になっちゃうの?

    A.そんなことはないくま。

    小さいむし歯だったらレジンという保険の白い詰め物になるくま。それで補えない大きさでも、保険は適用されないくまがセラミックの歯があるので相談してほしいくま。

  • Q.虫歯についての質問

    虫歯って必ず削って治さなきゃいけないの?

    A.そんなことはないくま。

    歯の表面のエナメル質の初期むし歯だったら、削らずにフッ素を塗ったり、歯磨きをしっかり頑張って再石灰化を待つくま。