新松戸の歯医者さん 比留間歯科医院

新松戸の歯医者さん。比留間歯科医院

インプラント・ホワイトニング・歯周病治療



輝紀先生のコラム

『2.2.2.2.』の答えは・・・

DECEMBER 20,2016
img_2956

こんにちは。

今回は前回の答えです。

これは予防先進国のスウェーデンの大学で推奨されている歯磨き方なんです。

2回…1日2回

2センチ…歯ブラシに2cm程度(15歳以上)

2分…歯磨きの時間

2時間…磨いた後飲食を避ける時間

今はほとんどの歯磨き粉にフッ素が添加されています。

虫歯予防のために、そのフッ素の力をより発揮させるための「2.2.2.2.」です。

意識してみてください。

歯磨き粉の量についてはこちら。

新松戸の歯医者さんより




おすすめの記事

輝紀先生のコラム

切歯骨

こんにちは 今回は前歯の歯並びについて。 表題の「切歯骨」ってどこの骨だか想像つきにくいですよね。 初めの写真の部位なんですが、切歯というのは前歯のこと。 この前歯が生える・並...

OCTOBER 15,2020
輝紀先生のコラム

飛沫防止パーテーション

こんにちは。 この半年受付にはビニールを張っていたんですが、金曜日に5mmのアクリルパネルを設置しました。受付からの視界すっきりして見えませんか? 今までは受付で患者様たちと距離感を感じて...

OCTOBER 3,2020
輝紀先生のコラム

世界一(?)重い歯

こんにちは 突然ですが、世界一重い歯を持っている動物って知ってますか? その門歯は大きいものだと3m以上にもなり、100kgを超えてくるそうです。 門歯をいうのは切歯(前歯)のことで...

OCTOBER 1,2020
輝紀先生のコラム

一歳半検診

こんにちは。 今日は小金保健福祉センターで一歳半検診をしてきました。最近はパパが連れて来る人も増えてきましたね。 いつも患者さんたちには話してますが、やはり2歳までの子でも将来歯並びが心配...

SEPTEMBER 29,2020
輝紀先生のコラム

唾液⑤

こんにちは 何年か前に"歯磨きは食後30分以上経ってからしたほうがいい"なんて情報がメディアを賑わせたことがありました。 これは食後脱灰していた歯は弱い状態なので再石灰化を待ったほうがいい...

SEPTEMBER 26,2020
輝紀先生のコラム

唾液④

こんにちは。 今回は唾液のph緩衝作用について。 口の中は常に唾液のphを一定に保とうとする緩衝能(作用)によってph6〜7の中性に維持されています。 phが5以下になると歯の脱灰が...

SEPTEMBER 20,2020
輝紀先生のコラム

唾液③

こんにちは 今回は唾液第三弾 唾液を出す器官を唾液腺と言います。 大きいのは3つ顎下腺・耳下腺・舌下腺、これらは飲食による刺激でたくさんの唾液を分泌します。よく言われるように日中にだ...

SEPTEMBER 18,2020
輝紀先生のコラム

唾液②

こんにちは 今回は唾液第2回、唾液の凄い力について。 残りの1%の成分なんですが、そこには酵素や電解質が含まれています。 それによってたくさんの恩恵を受けています 自浄作用 ...

SEPTEMBER 16,2020
輝紀先生のコラム

唾液①

こんにちは。 ここから何回か唾液について書こうと思います。 唾液の1日の分泌量ってどれくらいかって考えたことありますか? 成人で約1000ml、子ども(5歳児)では500mlほどだそ...

SEPTEMBER 15,2020
輝紀先生のコラム

学校歯科検診inコロナ ③

こんにちは。 診療所の待合室でスマホやゲームをやっている子の横からの写真を撮っていると、この始めの写真と同じように座っている子をよく見かけます。皆さんの家ではどうですか? そして今回は学校...

SEPTEMBER 8,2020